『出会いとつながり』     (2007.08.23 福島民報新聞「民報サロン」掲載)


私は、花泉のホームページ、南会津に関するホームページと、4つのホームページ・二つのブログを管理・運営しています。

最初に立ち上げたのが『花泉党』もちろんこれは、花泉を知ってもらいたくって作ったものです。その後、私がこの地で教わった楽しさを伝えようと『裏花泉党』、ブログ『南郷Slow Life』をスタート。

現在は、花泉酒造のHPができ、最初に立ち上がった花泉党は、花泉が飲めるお店の紹介など、花泉をバックアップするサイトになっています。

そして、南会津をもっと知ってもらいたいという思いから2年前に立ち上げた、南会津地域(下郷町・只見町・南会津町・桧枝岐村)の情報を発信する『南会津ドットコムhttp://www.minami-aizu.com』

南会津に関するホームページのリンク集や、イベント情報・物産品販売のサイトです。

物産品販売は、南会津の企業等と共同で『南会津物産』という形ができ、この夏、スタートしました。


これらのホームページがきっかけで、数多くの出会いや交流が生まれました。

南会津にいろいろな思いがある人、花泉が好きな人、日本酒が好きな人。ネットを通じて大切な出会いがたくさん得られました。

全国の花泉を大切にしてくれている小売店や、飲食店の方々、そして個人の方と、ネット上だけでなく実際にお会いする事もでき、

みなさんが、非常に花泉への思い入れが強く、大切にしてくれていることを直接知ることが出来ました。


そして何よりうれしいのが、花泉が造られているこの地域にも非常に関心を持ってくれていて、実際に訪れてくれる方が、沢山いる事です。

先日も、小田原から居酒屋のオーナーが訪ねてくれましたし、遠くは愛媛県今治市からも訪ねてくれています。


昨年から参加している、川崎市鹿島田商店街七夕祭りは、ここの商店街会長の奥さんが、たまたま南郷出身ということもあり、

私のブログに書き込みをしてくれたことが始まりで、花泉と南会津を宣伝する良い機会となっています。

その彼も今では、すっかり南郷・花泉フリーク。彼もまた、私と同じで、蔵の方たちからこの地域の素晴らしさを教わった一人になった訳です。

花泉を知るのが先か、南会津を知るのが先か、どちらにしても、この地域の魅力にはまって何度も訪れる方がいる事がとても素敵な事だと思います。


もう一つのホームページ『南会津ドットコム』を通しては、南会津に住む方との出会いもありました。

ポータルサイト的な役割を持たせているので、南会津でホームページや、ブログを持つ人へメールを送り、リンクのお願いをしました。

それぞれが、南会津に愛着を持ちそこに生活をする事に誇りに思っている方ばかりで、非常に刺激を受け、まだ知らない南会津を沢山教わりました。

そこで生まれたのが、ブログ『南会津の輪http://www.minami-aizu.net』

現在、各町村や、それぞれの担当ごとに約十数名のライターと共に、共同で作っているブログです。

地元の方をはじめ、Iターンの方、二地域居住の方、そして南会津が大好きな他県の方がそれぞれの観点で、投稿してくれています。


皆さん忙しい方ばかりなので、なかなか毎日の更新とはいかないのですが、週に一度くらいのペースで、濃い内容の投稿がUPしています。

このメンバーでのOFF会がまた最高なのですが、それはまた次の機会に書くとして、このブログを見てくれている方の多くが、

地元の方、そして、南会津に訪れたことがある方が殆どというのが、非常に面白い特徴だと思います。

南会津は、自然や文化なども素晴らしいのですが、何より、人の温かさが素晴らしいところだと思います。

一度でも南会津に訪れたことがある方は、その素朴な温かさに触れ、また訪れてみたいと思うようです。


もちろん私も、その一人。

南会津の人のおかげでこの地に根付くことが出来ました。


これからも続くであろう、ネットを通じての出会い。その一つ一つが私の宝になり、さらに私を南会津好きにしてくれる事でしょう。